人材採用

2019年5月

求人業界の救世主!? Google for Jobs !!


各中小企業様で頭を悩ませている『人材採用』!
どの企業様も求人には頭を抱えていらっしゃるかと思います。
そんな求人業界で2017年6月に公開された新しい求人検索機能!
それが『Google for Jobs』です。
私が企業様先にご訪問した際、知っているようであまり知られていないように見受けられたことがきっかけでこのコーナーでご紹介しようと考えました。
日本で『Google for Jobs』が正式に公開されたのが2019年1月23日となるので、最近と言えば最近の話なのですが、海外では約2年前から実装されています。

だ~か~ら~『Google for Jobs』って何なのよ!となりますよね・・・(^^;)

まず視覚的に見ていただく方がわかりやすいと思いますので下の画像をご覧ください。

この赤枠のところが『Google for Jobs』の画面です。
これは検索で「ディレクター」「求人」で検索した場合の画像ですが、一番上のリスティング広告と自然検索の間に『Google for Jobs』は表示されます。
ということは、どんなWEB求人広告よりも先に表示されることが大きなポイントとなります。

そして求職者からすると、Googleが機械学習や独自のアルゴリズムを使用し導き出した情報であるため、自分の要望に合った情報を今までより簡単に探し出すことができるようになるのです。

それだけではありません!

ザクッとした流れをご紹介すると、求職者がGoogleアカウントでログイン検索している場合には、右上の「保存」をクリックすると、気になる求人情報が保存でき、保存した求人情報は「保存済み」のタブで確認することができます。 またしばらく様子を見たい求人情報がある時には、企業名や店舗名等で検索し、「この検索に関するメール通知アラートをオン」にすると関連情報がメールで届きます。

そして応募したい求人が見つかったら、応募ボタンから、その求人情報を掲載している大元のサイトにアクセスし、それぞれの募集サイトから応募できる!という流れとなっています。

求職者からするとかなり使い勝手の良い仕組みとなっていますね!

そうなると企業側は、「どうしたらここに表示させられるの?」 となりますよね!

弊社では「Google for Jobs」の導入支援も行っておりますので、ご興味ある方は是非一度ご相談ください!


TOP